• ホーム
  • 男性脱毛症(AGA)の原因と対策

男性脱毛症(AGA)の原因と対策

脱毛に悩む男性

男性脱毛症はAGAとも呼ばれており、進行していく抜け毛のことをさします。男性が薄毛になる場合、約90%以上はこのAGAであり、多くの男性が悩んでいる症状の一つでもあります。早い場合は思春期を過ぎたころから発症し、額の生え際か、頭頂部が処々に薄毛になっていくのが特徴で、この男性脱毛症は男性ホルモンに関係して起きており、早目の対策が必要になるのです。

男性ホルモンであるテストステロンは睾丸で作られます。このテストステロンが頭皮にある毛乳頭細胞に入ると、頭皮に存在している5aリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつくとより強いジヒドロテストステロンとなり、毛の成長を阻害してしまいます。これが男性脱毛症の主な原因なのですが、男性ホルモンだけでなく、ストレスや生活環境、食生活や遺伝も影響しており、原因をつきとめるのは難しい部分もあります。

AGAである男性脱毛症の症状は、パターンがあり、頭頂部が薄毛になってしまうO型、生え際から後退していくM型、そしてO型とM型とが合わさった複合型があります。後頭部や側頭部はほとんど薄毛になることはなく、これはこの部分の5aリダクターゼがほとんど存在していないからです。

男性脱毛症はどんどん進行していくので早目にくいとめなくてはなりません。対策法としては、育毛や発毛を促す治療薬を使用する、バランスの良い食事を心がけ、特に魚介類や肉類といったタンパク質を多く食べる、ビタミンミネラルを多めに食べる、ストレスをためない、といったことを行っていきます。食生活においてはタンパク質を多めに食べるとはいえ、肉ばかり食べてしまうと高カロリーになることが多く、皮脂や男性ホルモンであるテストステロンを多く分泌させてしまいますし、血中のコレステロールが増えてしまうと血流が悪くなり、頭皮まで栄養がいきわたらなくなります。このような状態はより薄毛を進行させてしまうので注意しなくてはなりません。

男性脱毛症の場合、治療薬を用いて治療を行っていくことが多いです。この治療薬は発毛を促すミノキシジルや育毛促進の効果があるフィナステリドなどを使用することが多く、治療は長期にわたりますが、徐々に改善していくことができます。また、植毛を行うこともあり、植毛の場合は治療薬よりも早期に改善することが可能です。

抜毛が増えてきたり、身内に薄毛の人がいたり、または頭皮を触った時にかたい、と感じたりした場合はAGAの可能性が高くなります。枕などに毛髪が多くつくようになった場合は、進行している可能性があるので、注意してください。そして飲酒をした場合、アセトアルデヒドという物質に代わるのですが、このアセトアルデヒドは毒性があり、肝臓で分解するときに多く飲酒してしまうと、このアセトアルデヒドが血液によって全身にいきわたってしまうので、ジヒドロテストステロンを増加させてしまいます。できるだけ飲酒を控えたほうが良いでしょう。