トップページ > 大分県

    このページでは大分県の分譲マンションの簡易査定におすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「大分県にある分譲マンションの簡易査定ができるおすすめの不動産一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    分譲マンションの簡易査定を依頼してあなたが所有しているマンションを高く売るために必要なことは、「大分県にある複数の不動産会社に分譲マンションの簡易査定を依頼して、その査定額を比較検討する」ということです。
    手間や時間を惜しんで、1社のみに査定をお願いしたり、知り合いに紹介してもらった不動産屋で査定をしてもらったりというのは確かに手間はかかりませんが、不動産業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    ですが、不動産一括査定サイトなら完全無料で入力も簡単、大分県にある複数の不動産会社から提示された査定額を比較することができます。
    「今所有している分譲マンションの査定額を比較して高く売りたい」と思っているなら賢く活用したいサイトです。分譲マンションの簡易査定から売却というのは大きな金額が動くイベントなので、大分県にある分譲マンションをできるだけ損をしないように適正価格で売却して、そのお金を将来のために有効活用してください。
    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から見受けられるようにマンションを専門としたマンション売却の一括査定サイト。
    マンションを簡易査定する為に必要な入力事項もたったの45秒ほどで完了ですし、インターネットで簡単に申し込むことが出来ます。

    マンション査定に特化している為、マンションの売却を得意とする企業が集まっていて、大手や地域の不動産会社の700社以上もある登録企業の中から厳選した不動産会社を最大9社まで紹介して貰うことができます。
    利用者数も360万人を超え、数多くのメディアでも紹介されるほどの人気のサイトになっているので、「所有している分譲マンションを可能な限り高額査定して欲しい」と考えているのであれば是非利用してみてください。

    それと、他の査定サイトと違う部分として賃貸査定もしてもらえるので、「数年間マンションを空けるんだけど、いづれは戻ってくるので売却したくない」と考えている場合にもおすすめです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サービスに比べて結構新しい形態のサービスなのですが、提携している不動産会社数が1500社以上ととても多いのが売りです。
    さらに、分譲マンションの簡易査定で実際に使った利用者の方から苦情・クレームの多い不動産会社はイエウールから契約を解約することができるようになっている為、評判の良くない不動産会社を排除でき、優良な不動産会社だけを残していけるシステムになっています。

    大手から地場に強い不動産会社まで幅広く加入しているので、「自分が所有している分譲マンションを無料で査定して、その査定額を比較したい」と考えているのならおすすめの一括査定サービスサイトです。

    入力も60秒ほどで査定を依頼できるくらい簡素化されていて、最大6社に査定依頼ができ査定価格を比較することが可能なのです。もちろん、全国に対応しており無料で利用できます。今勢いのあるサービスなので、徐々にユーザーが増えていくと思われます。






    イエイ

     イエイは、サイト開始から10年以上の運営実績があり、400万人以上の方のご利用実績のある不動産売却の無料一括査定サービス。
    長年の業績がある為、不動産会社の登録社数も1000社以上と非常に多く、最大6社までを選択し分譲マンションの査定価格を比較することができます。

    もちろん、ブラック企業は徹底的に排除。長年の不動産売却で作られたネットワークを利用し、厳選された評判の良い不動産会社だけを登録しているのです。
    主要な大手の不動産会社はもちろん、地域密着型の不動産会社にも分譲マンションを簡易査定して貰うことができるので、分譲マンションの市場価格を知っておくためには利用する価値のあるサイトです。

    公式サイトには実際に分譲マンションを高く売ることができた利用者の声と査定価格も開示されていますので是非ご覧になってみて下さい。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から10年以上運営されている不動産売却の一括査定サイト。
    個人情報の取り扱いにも注力していて、プライバシーマークの認定を受けている企業なので安心です。

    利用者の数も440万人を突破しており、提携会社約1400社以上の不動産会社の中から最大6社に分譲マンションの簡易査定を依頼することができます。
    「分譲マンションの売却は各会社で何百万円もの差があるって聞いたから損をするのは避けたい」という思いがあるのなら、一つの不動産会社だけでなく多くの不動産会社に査定依頼ができる一括査定サイトを活かしてください。

    公式ホームページでは45秒ほどの簡単入力で複数の不動産会社から提示される査定額を比べられるのでおすすめのサイトです。
    スマイスターのサービスを利用して不動産会社と契約した後に、ちょっとした電話取材に協力すると5千円分のギフトカードが貰えるキャンペーンを実施しています。






    スモーラ

     スモーラは、日本全国のマンションや一戸建て、土地の相場が今すぐチェックできる分譲マンション売却のための一括査定サイト。
    分譲マンションの現在の売出価格を過去の膨大な取引事例から独自の計算ロジックで算出します。

    提携している不動産業者は全国にある評価の高い2500店舗を厳選し、売買で6社、賃貸で3社の最大9社から分譲マンションの査定額を出してもらえます。

    当然、全国対応で利用は無料。分譲マンションの簡易査定を依頼する方法もかんたんで、査定してもらいたい分譲マンションの情報と連絡先を入力する45秒簡易査定なので、「ライフスタイルが変わったから分譲マンションの売却を検討しているけど、どこの不動産会社に依頼すればいいのか正直分からないんだよな…。」と感じているならぜひ利用してみてください。

    スモーラの公式サイトでは、実際に分譲マンションの売却に成功した「この金額で売れました!」という成約事例が掲載されていますので、少しだけチェックしてみてはいかがでしょうか。






    不動産売却コラム

    いまの時代、節税や夫婦共働きなどの関係で、住宅の名義を夫婦共有にするケースが少なくありません。

    ただ、共有名義の不動産には厄介な側面もあります。

    複数の方が所有している不動産を売却する際は、共有名義人全員の許可をとらなければ取引は不可能です。

    家を処分する理由が離婚だと、当事者である夫婦の間でしっかり話しあっておかなければ、住宅の処分もできず、深刻なトラブルを招きかねません。

    確定申告は国民の義務であり、前年の1月から12月までの所得から税額を自己申告するためにあります。

    会社に雇用されていて源泉徴収で納税している人などは、差額を算出し、精算することになります。

    確定申告で所得とされるのは給与や配当以外に、家を売って得た所得なども報告義務があります。

    長期(5年超)所有していた不動産の場合ですら、20%は税金として納めなければならないため、注意しなければいけません。

    金融機関による抵当権が設定されていない家を売却するなら関係ない話ですが、抵当権の由来である債務が残っている状態となると話は別です。

    原則として抵当権つきの不動産の場合、売ろうと思っても売ることができません。

    ただ、特例として売却可能にする手段が任意売却です。

    任意売却を専門とする会社が債務者(物件の所有者)と金融機関の間を仲介することで通常の不動産取引と同等の額で売買できるようにするのです。

    月々の債務の返済ができなくなった時に、競売の代わりとなりうる手段として有効です。

    どの不動産仲介業者を選べばいいのか迷っている方も多いと思います。

    おススメの選び方としては、ネットの一括査定サイトを使って、複数の業者に簡易査定をお願いする方法です。

    返事がきた複数の業者の中から、信用できそうな不動産仲介業者に現地査定をお願いしましょう。

    その時に、査定結果のポイントや、こちらの素朴な疑問点にも、親切丁寧に答えてくれる担当者のいる業者であれば、まず間違いないと思います。

    高い査定額を提示していても、対応に不信感を感じたり、契約をせかしてくるところはNGです。

    簡単なことですが、土地や建物の評価を見積りに来る会社の信頼度の指標のひとつが免許番号です。

    もしもらった名刺のどこにも免許番号が書かれていなければ、無認可で営業を行っている可能性があるので注意が必要です。

    また、第何号という番号の前につくカッコ内の数字は免許更新回数を表すので、簡単に言うと数字が大きいほど営業年数が長いということになるのです。

    とはいえ数字が小さくても、業務拡大で営業所が増えたり、地方から東京へ本社を移転した場合などもありますし、数字が小さいから実績がない業者だと決めつけるのは間違いです。

    詳しくない人から見ると不動産査定と不動産鑑定は同じものだと思われがちですが、査定の精度や責任は不動産鑑定の方がずっと重くなっています。

    相場や経験から見積もられた不動産会社の査定は、あくまでいくらぐらいで売れるかという参考価格だと言えます。

    反対に、鑑定評価とは資格を取得したプロの不動産鑑定士が行います。

    査定とは異なり、対象の物件に対して、あらゆる鑑定評価基準に基づいて実証的な評価を下します。

    ですから、不動産鑑定評価とは、物件そのものの価値が法的に実証されたものだと言えるでしょう。

    大抵のケースでは、不動産物件の売却をする時の入金は、手付金、中間金、最終金の三段階に分けて入金されることがよくある流れです。

    手付金の支払いからおよそ一ヶ月後に中間金を支払い、それから、三ヶ月くらい過ぎたら最終金が支払われるはずです。

    ただ、総額のうちの大部分は最終金として入金されることになります。

    手付金は現金ということもないわけではありませんが、後のトラブル防止の意味合いもあって、売却主が指定した銀行の口座へ全て入金する事例が多いです。

    不動産物件を売却した時の価格が3000万円以下にしかならなかった場合には、所得税、さらに、住民税の課税対象から除外してもらえる特例が適用されるでしょう。

    なぜかというと、売却した価格のうち、3000万円までが特別控除の対象になるからなのです。

    もし、住み替えなどで不動産物件を買い換えて、その際に、損をしてしまった場合、不動産売却以外の所得と合算して、損益通算が適用できるので、利用しない手はないでしょう。

    ただ、条件があって、売った不動産物件を継続して5年を超える年数にわたって所有していた、そして、新規で契約した住宅ローンが10年以上という二点が条件となります。

    不動産売買に関する契約書は課税対象ですので、印紙税がかかります。

    印紙税額は契約書に記載された金額によって決定するため、場合によっては数十万円ともなることがあります。

    そして、売主と買主が互いに契約書を作成するならば、双方に印紙代がかかってしまいます。

    ただし、このケースでは先ほどのケースとは異なる基準で税額が決定するので、十分に確認する必要があります。