• ホーム
  • プロペシアのジェネリックを買うならネット通販

プロペシアのジェネリックを買うならネット通販

鏡を見て髪を気にする男性

フィナステリドは男性ホルモンに働きかけをし、薄毛の原因となっているジヒドロテストステロンを量を減らして、ヘアサイクルを整えることができます。大変効果がある成分で、服用を継続していくと
3か月で徐々に効果が現れ始め、半年ほど経つとさらに髪の毛が太くなってきます。ただ、継続して服用しないと、効果はありませんし、途中でやめてしまうと効果を持続することはできません。そのためある程度の薬の量は必要になります。

先発薬にはプロペシアがありますが、先発薬の他にもジェネリック医薬品は多数販売されています。プロペシアと有効成分は同じであり服用方法も同じであるので、効果の出方も副作用も同じであることが多いです。

プロペシアのジェネリック医薬品には、まずフィンペシアがあります。フィンペシアは1錠当たりの価格が先発薬とは全く違いかなり費用を抑えることができます。同じくジェネリック医薬品に、フィナックスもありますが、フィナックスはフィンペシアよりも若干費用がかかるのですが、添加物にキノリンイエローが含まれていないので、安心して服用することができます。キノリンイエローは、着色料の黄色203号とも言われ、過剰に摂取をした場合安全性が確認されておらず、どのくらい体に影響があるのかわからない物質でもあります。そのため、摂取を控えたほうが良いものに含まれているのです。

このほか、エフペシアやフィナロがあります。エフペシアもまた、フィナックス同様キノリンイエローを使用しておらず、薬価も他のものと大差はありません。フィナロも着色料は含まれておらず、プロペシアの6分の1程度の価格で購入することができます。

フィナックスやフィンペシア、エフペシアやフィナロは先発薬と同じ有効成分であり、十分に効果があるジェネリック医薬品です。このようなジェネリック医薬品を購入するには個人輸入を利用しなくてはならないため、個人輸入の代行を専門に行っているネット通販を利用すると良いでしょう。ネット通販ですので、通常の買い物と同じように薬を購入することができ、長くても1週間程度で自宅に届きます。個人輸入ですので、処方箋はいりませんが、そのかわり何かあった時はすべて自分の責任となります。ですが個人輸入の代行通販サイトでは、詳しく副作用や注意すべき点について記載されているので、しっかりと読むことでいざという時に慌てなくて済むようになっています。

そしてネット通販で購入した場合、少ない量で購入するよりもまとめ買いをしたほうが格安に手に入れることができます。フィナステリドは長く続けていく薬であるので、1か月に使用するだけでも30錠から31錠は必要となり、年数を重ねると多くの量が必要となります。まとめ買いをすることで、かなりの分の費用を軽減することができるので、購入する場合はまとめ買いをすると良いでしょう。

プロペシアには数多くのジェネリックがあります。どのタイプのものにするかをよく考えて購入することが大切になります。